肩こりの悩み


肩こりに悩まなくなりました

ピーチカップをつかわせて頂いてから、肩こりが気にならなくなりました。
ストラップもないし、流行りの服にも挑戦できてよかったです。

体にフィット!

市販も物はどうも体に合わず肩こりの原因になっていたので相談しに入ってみました。
出来上がった物は体によくフィットしてストレスも解消されました。ありがとうございました。
次は違う形のに挑戦してみたいと思います。

数年ぶりにサイズを測り直しました。

身につけてきた下着をチェックしてもらうと、ストラップやアンダーのバンドが食い込んで、血行不良になっていました。今の自分に合ったブラジャーを作っていただき毎日快適です。

日本人に適した下着選び

肩こりは胸が大きくても小さくてもおこります。肩回りの筋肉の疲れ・血行不良・ストレスなど肩こりはいろいろな要因がありますが、肩周りの筋肉の疲れで、もっとも大きい影響力を持つのが「姿勢」猫背で顎が前にでている悪い姿勢で立っていたり歩いたりデスクワークをしていると首や肩周辺の筋肉に緊張が続き、肩こりの症状があらわれます。姿勢が、「キレイな重心線」を描けている状態で「背筋を伸ばす」「カラダをピンと張る」といわれている状態で重心線がまっすぐ保たれていると首や肩の負担がいちばん少ない状態になるので、肩周りの筋肉も凝りにくくなります。

「胸が大きいと肩が凝る」のは、胸の重さに姿勢が引きずられて「重心線がまっすぐにならず歪む」せいで、首や肩に負担がかかり筋疲労が溜まるから。つまり、「胸が大きいから肩が凝る」というよりも、「胸が大きくて姿勢が悪くなるから肩が凝る」ということになります。
肩凝り緩和で重要なのは、お胸の大きい方は細い紐にご用心。お胸を持ち上げる為に重要なストラップ(肩紐)ですが、ブラジャーのストラップやショルダーバッグが肩に食い込み血行不良を起こすことにつながります。ブラジャーはサイドベルトの締め付けと肩紐でバストを支えています。ブラジャーのアンダーサイズが合っていない場合、サイドベルトがゆるすぎる状態になりカップに入っているバストの重さを肩紐だけで支えることになってしまいます。
このため肩紐が必要以上に食い込み、その部分に血行不良を起こし疲労物質がたまり、酸素や栄養分が十分に届かずにやがて肩こりになってしまいます。 また、ブラジャーのアンダーサイズが合っていても、肩紐が短すぎる場合にはやはり食い込んでしまいますので、肩こりの原因になります。 肩こりを気にされている方は、おしゃれの為にと華奢で細いストラップを選ぶより2cm・3cm・5cmと広い面で支えてくれるストラップのブラを選ぶと肩の負荷を軽減してくれます。

肩こりとブラとお胸の大きさの関係

ヨーロッパ人や欧米人は年齢に関係なくランジェリーを着こなしていているのを見てランジェリーを買ってみたりステキなデザインに恋をして衝動買いなどしてみた方は多いでしょう!でも着用してみると、しっくりこないモデルと違う私、着用感が心もとなく感じたりお胸がたれたように見えたり、こんなの着て外にでれない!私の体型が・・・と自分に嫌気がさしたりなんて方多いですね!でもそれは、アジア人・欧米人・ヨーロッパ人の筋肉に違いがあるからなんです。

             

日本人(アジア人)はお胸もお尻も脂肪でできています。それに対して欧米人やヨーロッパ人はお胸もお尻も筋肉でできています。なので、もともと持ち上がった硬いお胸やお尻に繊細なレースを施しただけの華奢なデザインでおしゃれする感覚で身にまとうという観点からつくられているランジェリーがお胸もお尻も脂肪でできている日本人には不向きになります。

           

お胸もお尻もやわらかい日本人(アジア人)にはブラジャーという、ある程度寄せたり上げたり持ち上げてくれる補正効果のあるブラが適しています。ショーツもお尻をすっぽりと覆うかぶりの深いデザインだと2つのまあるいもも尻になってくれますが、ハイレグカットのお尻を3/4・2/4ほど包むデザインのものだと、お尻のトップの柔らかい部分がくぎられ後ろから見るとおしりが4つあるように段ができてしまいます。もちろん、オシャレしたいとき・リラックス時にはデザインがステキなランジェリーで楽しんでいただき、お洋服をキレイに着こなしたりお仕事で動き回るときには補正効果のあるブラジャーを選ぶなど下着もTPOにあわせてコーディネートするのがおススメです。